11月5日・世界津波の日「稲むらの火」から津波の教訓を学ぶ

11月5日は2011年東日本大震災を受け、国連総会において制定された世界津波の日です。この決議により津波の脅威についての世界の関心が高まり、その対策が進むことが期待されています。この日に指定される由来にもなった「稲むらの火」をご存知ですか?

安政南海地震と稲むらの火

世界津波の日は東日本大震災をきっかけに2015年に制定された日ですが、(震災が発生してから間もない時期であったこともあり)被害を受けた方々の心情を考慮して制定にあたっては3月11日ではない別日が指定されました。

11月5日は安政元年(1854年)に安政南海地震が発生した日です。この地震で、現在の和歌山県広川町を大きな津波が襲いましたが、その際に濱口梧陵が速やかに住人を避難させ、多くの村人を救った実話をもとに作られた物語が「稲むらの火」です。

物語としての稲むらの火

1896年(明治29年)小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が「A Living God」にて上記実話を元に物語を執筆、後に中井常蔵により「稲むらの火」として翻訳、再構成されたものが当時の小学生用の国語の教科書に採用され掲載されました。

物語の概要

 村の高台にすむ庄屋の五兵衛(濱口梧陵がモデル)は地震を感じてただ事ではないと家をでる。地震そのものは特別に激しいものではなかったが、長くゆったりとした揺れ方は今までに経験したことのない不気味なものであった。

五兵衛は高台から村を見下ろすと、村人たちは豊年を祝うお祭りの準備に夢中で先ほどの地震にはさして気を留めた様子もない。だが、村から海に目を向けた五兵衛は波が沖へと引いていく様子を目撃する。

「津波がくる」

時間がないことを悟った五兵衛は取り入れたばかりの自分の田すべての稲むらに松明で火を放つ。「もったいないがこれで村人の命が救えるなら」五兵衛の放った火は薄暗くなってきた天をこがします。

「庄屋さんの家が火事だ!」まず、村の若いものが、続いて女性も子供も老人も後を追うように高台を目指す。まもなくして到着した若者がすぐに火を消そうとするが五兵衛はそれを制止し、すぐにすべての村人を高台に呼び寄せる様に指示をします。

その後、村に津波が・・・といった展開になります。
数ページの物語ですが、実際に読んでみるとその細かで緊迫した描写は、津波の恐ろしさを十分に伝えています。いまでこそ引き波(前兆や高台への早期避難などよく知られる様になった部分が、これほど以前から教材として採用されていた事に驚かされると共に、国語(防災)教材として高く評価されている事にも納得です。

史実としての稲むらの火

実話を元にした物語という事ではありますが、創作部分や小泉八雲の誤解により史実とは異なる部分もかなり多くあります。ただ、濱口梧陵が多くの村民の命を救い感謝された事に変わりはありません。

史実では地震によって壊滅的な被害を受けた村民の為に、家屋の建設や農漁具の調達、全長600mに及ぶ堤防の建設など、その莫大な費用のすべてを私財を投じておこなっています。

そしてこの時建設された堤防は後の昭和南海地震による津波の被害を最小限に抑える事になるのです。

稲むらの火の物語が示す教訓
①早期警報
②伝統的知識の活用
③より良い復興

濱口梧陵(濱口儀兵衛)について

濱口梧陵は現和歌山県有田郡広川町出身の実業家。醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家の当主で、後に七代目濱口儀兵衛を名乗りました。この醤油醸造会社は現代にも続くヤマサ醤油です。

もしかすると「濱口儀兵衛」と聞いてどこかで聞いた事が・・と思う人もいるかもしれません。近年原作マンガがドラマ化された「JIN-仁-」にて、現代から江戸時代にタイムスリップしてきた主人公の医師に新薬開発の為の資金援助や作業場所を提供する役割で登場するのが、まさしく稲むらの火のモデルにもなっている濱口梧陵なのです。

もちろんドラマはフィクションですが、濱口梧陵は特に医学の分野に理解が深く、ヤマサ醤油のホームページをご覧になっていただくと、ヤマサ醤油が現在でも医薬・化成品・診断薬の分野で事業部をもち、その分野のトップ企業のひとつであることが確認できます。

濱口梧陵はドラマさながらに現在の東京大学医学部の基礎となる研究所に多額の寄付をするなど、人材の育成や学問の発展に尽力し、日本の近代医学の発展にも大きく貢献した人物なのです。

そんな漫画みたいな話・・・の上をいく、まさしく偉人ですね。

和歌山県有田郡広川町には稲むらの火の館(濱口梧陵記念館/津波防災教育センター)があり、濱口梧陵の偉業と精神が語り継がれています。ホームページでは実話部分の詳しい資料や実際に小学国語読本に掲載されていた稲むらの火を読むこともできますちなみに2020年は濱口梧陵生誕200年にあたります。

世界への広がり

小泉八雲の著作により物語は日本国外でも知られる所となり、2005年には当時インド洋大津波をうけてジャカルタで開催された緊急首脳会議で、シンガポールの首相から小泉純一郎総理に「日本では稲むらの火という話で子供のころから津波対策をおしえているというのは本当か?」と質問される場面があったそうです。

こういった世界的な広がりもあり、国連総会で日本を含む142カ国の提案で11月5日が「世界津波の日」に制定されるきっかけともなりました。

スポンサーリンク

最後に・・・

「世界津波の日」制定以降、世界津波の日・高校生サミットが和歌山をはじめ日本国内の都道府県の持ち回りで毎年開催されています。海外の高校生を含む多くの高校生達が津波の脅威と対策について学び、世界へと情報を発信しています。私たち大人もしっかりと過去の教訓を未来へと引き継いでいきたいですね。

会社ブログの担当となりましたKouです。自社の取扱い製品以外でも「いいな!」と思った商品を管理者ブログとして別枠で発信できればと思っています。他にも気になるイベントやサービス、情報などもご紹介していきます。雑記ブログとして気楽に読んでいただけると幸いです。よろしくお願いします

タイトルとURLをコピーしました